NURO光お申し込みガイド

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護されております。

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光代理店の営業・勧誘

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光代理店の営業・勧誘は断ろう

引越した後って営業・勧誘の電話や訪問が多くなりませんか?私は2015年11月に引越しをしたのですが、とにかく太陽光発電の営業・勧誘がひっきりなしに来ました。

引越した後はこのような営業・勧誘が特に多く、インターネットの営業・勧誘も例外ではありません。また、NURO光やフレッツ光等のインターネットに関しては引越しをしなくても他社回線に申し込むと安くなるといった営業・勧誘の電話が多いのも事実です。

NURO光代理店の営業・勧誘お断り
営業・勧誘お断り

まず、最初に言っておきたいのはNURO光代理店からの営業・勧誘は絶対に申し込んではいけません。

営業・勧誘をしてくるNURO光代理店は、聞いたこともないような怪しげな会社名の代理店がほとんどです。営業・勧誘慣れしているのでお得な情報と言いつつ言葉巧みに説得してきます。

しかし、営業・勧誘で申し込んでもメリットは全くありません。お得な情報と言っても全然大したことありません。もっとお得な代理店があると私は断言できます。

先日、私の両親にNURO光代理店から営業・勧誘の電話がかかってきました。私の両親の体験を事例としてNURO光代理店からの営業・勧誘と対策についてご案内していきます。

NURO光代理店の営業・勧誘事例

NURO光代理店からの営業・勧誘は訪問より電話の方が多いです。私の両親の時も営業・勧誘の電話がかかってきました。

まず、NURO光代理店からの営業・勧誘電話にはポイントがあります。

  • 今のインターネットより料金が安くなると言ってくる
  • 期間限定のキャンペーンで今ならキャッシュバックが貰えると言ってくる

この2つで言葉巧みに攻めてきます。

先日、私の両親の家にNURO光代理店から営業・勧誘の電話がかかってきました。その電話には父がでました。

まず、NURO光代理店の担当スタッフは現在インターネットは何を使っているのか尋ねてきます。私の父はフレッツ光を使っていたので「フレッツ光」と答えました。

そして、現在フレッツ光でいくら支払っているのか聞いてきます。フレッツ光の月額料金を答えるとNURO光の月額料金は4,743円で、現在支払いの月額料金より○○円お得になると説明されます。

実際に、NURO光はフレッツ光より料金が安いので父はそのNURO光代理店の言ったことを信用してしまったようです。

NURO光のキャンペーンで月額料金が30ヵ月間割引されるので、さらに安くなると説明されました。私の父はインターネットに疎い人間なので完全に信用してしまいました。

極めつけに今なら申し込むとキャッシュバックが貰えると説明されました。しかも、キャッシュバックキャンペーンの締め切りが今日までなので申し込むのは今しかないと・・・。

父は「キャッシュバックまで貰えるなんてなんてお得なんだ!」と申し込んでしまったのです。ちなみにこのNURO光代理店が提示してきたキャッシュバックは10,000円です。NURO光でキャッシュバック10,000円なんて私の紹介する代理店ではありえません。最低でも30,000円は貰えます。

インターネットに詳しくない人はキャッシュバックの相場なんてわからないですよね。父も同じでした。NURO光ではキャッシュバックが30,000円以上貰えるどころかNURO光に申し込むとキャッシュバックが貰えることすら知らなかったので、キャッシュバックが貰えるというだけでお得に感じてしまったのです。

その後、しばらくして私が実家に帰った時、偶然本棚にSo-netの封筒と聞いたこともないNURO光代理店の封筒があることに気がつきました。両親にNURO光に申し込んだのか聞いたら申し込んだと答えました。

驚いたことに父はオプションを10個も加入させられていました。これでは、月額料金は10,000円近くになります。当初、電話でフレッツ光より安くなると代理店スタッフは伝えていましたがそんなの大嘘です。オプションに加入することでフレッツ光より高くなることは明白でした。オプションに加入して月額料金が高くなる説明は全くしないのですから、ある意味詐欺です。しかも、貰えるキャッシュバックは10,000円です。

もし、このNURO光代理店で申し込んだらお得どころか大損です。偶然封筒を見つけて良かったです。

私が実家に帰った時には既に工事日まで予約していました。ただ、工事をしてしまっていたらNURO光の申し込みをキャンセルすることは難しくなりますが、工事の予約までならNURO光をキャンセルすることは可能です。

私は両親にNURO光の申し込みをキャンセルしてもいいか尋ねキャンセルしてもいいとのことだったので、この代理店にキャンセルの電話をしました。

父があまり理解せず申し込んでしまったことを伝え、キャンセルするようお願いしました。その時、聞いた話だとキャッシュバックの10,000円はフレッツ光の違約金を負担する為の金額とのことでした。ということは、違約金で相殺されてキャッシュバックは0円となります。あげくにオプションで月額料金まで上がって、尚更こちらにメリットは何もありません。

キャンセルの旨を代理店スタッフに伝えたところ「わかりました。」との返答でキャンセルをするに至ります。

しかし、そのNURO光代理店でのキャンセルはしましたが、工事の取り消しをその代理店がしてくれたのか不安でした。後日、So-netに問い合わせてNURO光の申し込みをキャンセルした旨を伝え、代理店から工事の取り消し依頼はされたか聞いてみました。

案の定、工事の取り消しはされていませんでした。代理店で申し込みキャンセルをした場合、工事の取り消しをしてくれるのが普通です。

それなのに工事の取り消しをしていなかったということは、このNURO光代理店は申し込みのキャンセルを了承しておきながらキャンセルをしていなかったことになります

もし、このまま工事担当者が家に来ていたら大変なことになるところでした。

このように営業・勧誘の場合、料金が安くなると言っておきながら料金が高くなったり、キャンペーンでお得と言っておきながら全くお得でなかったりこちら側が損をするケースがほとんどです。また、キャンセルを了承しておきながらキャンセルしないなんて、とてもいい加減な代理店なのです。

NURO光の営業・勧誘では、どんなにお得と案内されても必ず裏があります。月額料金が安い、キャッシュバックが貰えると言われても絶対に信用してはいけません。

NURO光代理店からの営業・勧誘の対策方法

「信用してはいけないとわかっていても営業・勧誘で勧められると断りづらくてどうも苦手」なんて人もいるでしょう。ハッキリ断れればいいのですが、なかなか難しいですよね。

実は、私も営業・勧誘が苦手で断るのにかなりのエネルギーを使っています。

そんな人たちの為にNURO光代理店からの営業・勧誘を断りやすくする方法を2つ紹介します。

営業・勧誘の回避方法1:身内を利用する

最もオススメの回避方法です。それが身内を利用する方法です。

例えば、「息子が同じ仕事をしているから、それならもっとお得に申し込める」など身内が同業だと伝えましょう。 身内は、兄、母、従兄、叔父、何でも大丈夫です。

もちろん、で構いません。身内が同業だと相手はそれ以上踏み込んできません。

余計な事を言われずに相手も身を引くので最も断りやすいです。

営業・勧誘の回避方法2:検討するフリをする

この方法は、検討してから決める旨を伝えて回避する方法です。

例えば、「主人が不在だから決められない」・「自分一人では決められない」と伝えて、その場では申し込まないようにします。その時に、担当者の名前と電話番号を聞いておきましょう。そして、「検討して後で連絡します。」と告げて電話を切ります。

後は、ひたすら無視です。こちらから電話する必要はありません。もし、NURO光代理店から電話がかかってくるようなら出なければ問題ありません。最初のうちは何回か電話がかかってくると思いますが、無視し続けていれば電話はかかってこなくなります。

しかし、検討する旨を伝えると代理店の切り返しトークで「キャッシュバックキャンペーンは本日までなので今申し込まないと損しますよ。」なんて言ってくるかもしれません。

そのように言ってきたらキャッシュバックの申請手続きを聞いてみてください。とてもじゃないけど複雑でキャッシュバックが貰えないような手続きのはずです。そして、「もっと簡単に貰える代理店を知っているから申し込みはしない。」と答えてください。すると、相手はそれ以上突っ込んでこなくなります。

まとめ

以上、NURO光代理店の営業・勧誘について私の両親の実体験を元にお伝えしました。

NURO光代理店の営業・勧誘は、

  • 今のインターネットより料金が安くなると言ってくる
  • 期間限定のキャンペーンで今ならキャッシュバックが貰えると言ってくる

主にこれら2つで攻めてきます。

確かに月額料金が安くなることはあります。しかし、それはオプションを付けなかった場合です。オプションを付けたら月額料金は現在利用中のインターネットより上がると思って間違いありません。

今ならキャッシュバックが貰えると言われても、キャッシュバック額は他の代理店と比較すると比べものにならないくらい低いキャッシュバック額です。それに、手続きはとても複雑なものです。

簡単な手続きでキャッシュバック30,000円以上貰える代理店があるので、営業・勧誘してくる代理店で申し込む必要は全くありません。

一番良いのは話も聞かず断ることですが、断るのが苦手という人の為に、オススメの断り方は「身内に同業がいるから」と言う方法です。

この方法を使えば、相手は深くまで突っ込んできませんし、切り返しトークの「キャッシュバックキャンペーンは本日までなので今申し込まないと損しますよ。」なんて言葉も相手は言いづらくなります。もし、言ってくるようであれば「身内から申し込めばもっと高いキャッシュバックで申し込める」と言ってしまえばいいのです。

営業・勧誘に引っかからないよう当記事を参考にされてみてはいかがでしょう。

トップへ戻る

Top