NURO光キャッシュバックキャンペーンガイド

↓↓その他のメニューへ↓↓

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光のデメリット

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光のデメリットを知ろう

NURO光の代理店は、NURO光を売る為にメリットばかり伝えます。確かに売る為にメリットを伝えることは大切なことです。

しかし、利用者の立場から言わせるとデメリットも知る必要があります。期待してNURO光を申し込んだのに期待外れだったら、申し込む意味がありません。だからと言ってNURO光を申し込んだ後に、すぐフレッツ光に乗り換える場合は、違約金を支払うことになり、やりきれない気持ちになります。

せっかく新しいインターネットに申し込んだのに憂鬱な気分になるのは嫌ですね。そんな状況を避ける為にここではデメリットについて焦点をあてます。このデメリットが特に気にならないという人は、NURO光に申し込めば必ず強い味方になってくれるでしょう。

NURO光のメリットについてはNURO光の申し込みがオススメな3つの魅力」掲載しております。こちらも合わせてご参照ください。

さて、NURO光のデメリットは3つあります。

  • 利用可能エリアが限定される
  • プロバイダはSo-netのみ
  • 超高速2Gbpsは期待できない

それでは、順番にご案内します。

利用可能エリアが限定される

提供可能エリア
NURO光の対応エリア

利用可能エリアが限定されるというのは、NURO光のデメリットとしては最も厄介な問題です。

なぜなら、対応エリアが関東・関西・東海に限られるからです。

つまり、以下のエリアで申し込むことができます。

関東エリア東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・栃木
関西エリア大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良(※和歌山除く)
東海エリア静岡・愛知・三重・岐阜

北海道や沖縄など、関東・関西・東海エリア以外に住む人はNURO光に対応していません。

また、関東・関西・東海エリアの戸建て、もしくは7階建て以下のアパート・マンションのみ対応なので範囲が相当狭められます。

しかし、関東・関西・東海エリアに住む人や、これから関東・関西・東海エリアに引越す人はチャンスです。範囲が狭い分サービスや品質はとても手厚くなります。

関西・東海エリアの詳細は「【重要】NURO光対応エリア超拡大!関西・東海で利用可能に」をご覧ください。

プロバイダはSo-netのみ

プロバイダはソネットのみ
プロバイダはソネットのみ

フレッツ光やauひかりなど他社の回線サービスでは選ぶことのできるプロバイダ。そのプロバイダはNURO光だと選ぶことができず、必然的にSo-netがプロバイダとなります。というのはNURO光を提供する会社がソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社だからです。もし、プロバイダに強いこだわりがある人は残念ながらSo-netにシフトするしかありません。

しかし、So-netは2017年3月末時点で会員数が273万人にものぼる大手プロバイダの一つです。サポート面やサービス面において、信頼と実績のあるプロバイダですのでSo-netが余程嫌いではない限り気にする必要はありません。

超高速2Gbpsは期待できない

超高速は期待できない?
超高速は期待できない?

NURO光の速度については「NURO光は遅い!?超高速の真相とは?」で詳しくご案内していますが、結論からいうと2Gbpsを出すことはできません。ではNURO光は詐欺なのでしょうか?

いいえ、決してそうではありません。超高速の2Gbpsは設備や環境が最高に整った状態なら出せる速度で、いわゆる理論上の数値です。

超高速が出せなくても決して悲観的になる必要はありません。何故なら、超高速の速度なら出すことができるからです。最高時速100kmの車がどんなに頑張っても150kmは出せません。しかし、最高時速200kmの車なら余裕で150km出せますよね。それと同じでNURO光は速度の容量が元から大きいので速い速度を出すことが可能です。

では、実際の速度はどのくらいでしょうか。平均的に200~800Mbpsくらいです。この速度はとても速いのですがあまりピンとこない人が多いと思うので速度の目安を表にまとめました。

通信速度の目安
1~10Mbpsホームページの閲覧やメールの送信
10~30Mbps動画の鑑賞・写真の閲覧
30~60Mbps高画質な動画の鑑賞・オンラインゲーム

以上が速度の目安です。200~800Mbpsはとても速いのがおわかりいただけたのではないでしょうか。

既にお気づきの方がいるかもしれませんが、表の速度ならフレッツ光でも、auひかりでも問題なく出ます。NURO光は確かに速いですが、表で示すような使い方ならその速さをハッキリと体感できることは少ないでしょう。

NURO光の真価を発揮するのは高画質のオンラインゲームをプレイする時です。常にインターネット上で様々な人とやりとりし、しかも高画質となると速度がとても重要になりますから(その他にもパソコン自体の性能も重要です)。その為、速さにこだわるより料金やそのほかのサービスに目を向ける方が良いです

私が実際にNURO光を申し込んだ時の通信速度を「やっぱりNURO光は遅かった?通信速度の評判を解き明かせ!」でご紹介しております。NURO光を申し込む際の参考にしてください。

まとめ

以上、NURO光のデメリットをお伝えしました。利用可能エリアが大きなデメリットです。

しかも、戸建て、または7階建て以下のアパート・マンションのみ申し込みが可能なので対象となる人はだいぶ限られます。

ただ、悪いことばかりではありません。2018年1月より前は対応エリアが関東だけでした。

2018年1月以降は関西・東海エリアが新たに利用可能となりました。

これはNURO光にとって大きな進歩です。

そしてエリアが狭い分、かゆい所まで手が届くような感じでサービス内容は満足できます。

他の2つのデメリットもプラスの考え方ができます。

プロバイダはSo-netだけですが、考え方を変えるとプロバイダを選ばなくていいので申し込みが非常に楽です。支払いは回線利用料とプロバイダ利用料が一緒なのでこれもまた楽です。さらに、So-netなら信頼と実績のあるプロバイダなので安心です。

最高速度についてのデメリットは、超高速のスピードは出ないのですが、通信速度が速いことには変わりはないのでとてもストレスフリーなインターネット生活が送れます。

これらのデメリットが特にデメリットと感じない人で利用可能エリアに住んでいる、もしくは引越しで住む予定の人はNURO光の申し込みを検討してみてはいかがでしょう。

トップへ戻る

Top