NURO光お申し込みガイド

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護されております。

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光でんわでMNPの流れ

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光でんわでMNPの流れをご紹介

前住所で光電話を利用して、引越し先でNURO光でんわを申し込みました。そんな時、電話加入権のある電話番号ならMNP(ナンバーポータビリティー)の申し込みで電話番号の引継ぎが可能です。MNPには電話加入権の休止、復活の手続きがありその流れをご案内します。

MNP(ナンバーポータビリティー)…引越す前の住所で利用していた電話番号を引越し先の住所でも変更せずに使えるようにすることをMNP(ナンバーポータビリティー)といいます。

例えば、フレッツ光からNURO光、NURO光からauひかり等インターネットサービスの乗り換えでMNP(ナンバーポータビリティー)に申し込めば電話番号を変更せずに利用できます。

その際に重要なのが電話加入権です。何故なら電話加入権によって電話番号の引継ぎの可否が決まるからです。

そして、MNP(ナンバーポータビリティー)は電話加入権の復活・休止の手続きをする必要があります。

ここでは、他社回線からNURO光に乗り換えた際の電話番号の引継ぎに必要なMNP(ナンバーポータビリティー)の流れについてご案内します。

NURO光でんわの引継ぎに重要な電話加入権とは?

電話加入権…固定電話回線を引くことができる権利のことです。以前は固定電話回線を引くためには施設設置負担金を支払って電話加入権を購入しないと引くことができませんでした。

しかし、現在では「NURO光でんわ」や「フレッツ光電話」等、新規で光電話に申し込めば電話加入権がなくても固定電話を使うことが可能です。

以前の固定電話回線を引くタイプには施設設置負担金を支払って電話加入権を購入する加入電話と電話加入権を購入する必要のない加入電話ライトプランの2種類があります。加入電話ライトプランは電話加入権を購入する必要がない分、基本料金が加入電話より高くなります。

そんな電話加入権の有無によってMNP(ナンバーポータビリティー)ができるか決まるので、今まで使っていた電話番号をそのままNURO光でんわで使いたい人にはとても重要になります。

NURO光でんわでMNPができる場合とできない場合

NURO光でんわに限ったことではありませんがMNP(ナンバーポータビリティー)ができる場合とできない場合があります。

MNPができる場合

何度か軽く触れてきましたが電話加入権のある電話番号についてはMNP(ナンバーポータビリティー)で電話番号の引き継ぎができます

自分は光電話を利用しているからMNP(ナンバーポータビリティー)はできないと考えている人がたまにいます。しかし、従来の電話回線(アナログ)で加入電話を使っていた人が光電話に切り替えた場合でもMNP(ナンバーポータビリティー)は利用できますので現在使っている電話番号が電話加入権を取得したものかどうか今一度確認してみてください。

電話加入権のある電話番号であればフレッツ光電話NURO光でんわauひかり電話等、何度でもMNP(ナンバーポータビリティー)をすることができます。

また、加入電話ライトプランからNURO光でんわに切り替える際もMNP(ナンバーポータビリティー)により電話番号を引き継ぐことができます

しかし、加入電話ライトプランでMNP(ナンバーポータビリティー)に申し込むと加入電話ライトプランは解約となります。その為、NURO光でんわから他社の電話に切り替える際は、MNP(ナンバーポータビリティー)は使えず電話番号の引き継ぎはできません。

加入電話ライトプランでは、電話番号の引き継ぎが1度だけとなりますので注意が必要です。

MNPができない場合

MNP(ナンバーポータビリティー)ができない場合とは、電話加入権のない電話番号となります。

具体的にはNURO光でんわ・フレッツ光電話・auひかり電話等、光電話で新規に取得した電話番号は引き継ぐことができません

電話番号を引き継ぐことができない理由は、光電話で取得した電話番号は各インターネット事業者によって発番された電話番号となります。その為、契約中のインターネットを解約すると光電話も解約されることになるので電話番号を引き継ぐことができません。

また、大阪から東京に引越す等、電話番号の市外局番が変更になる場合もMNP(ナンバーポータビリティー)で電話番号を引き継ぐことができません

電話番号は「市外局番-市内局番-加入者番号」で組み合わされます。その為、市外局番が変更になると電話加入権を持った電話番号でも引き継げませんので注意してください。

NURO光でんわでのMNPの流れ

他社の光電話からNURO光でんわへ切り替えた際の流れについてご紹介します。ここでは、「フレッツ光電話」から「NURO光でんわ」への切り替えを例にご紹介します。もちろん、auひかり電話やその他光電話でも流れは同じなので参考にしてください。

フレッツ光電話から電話加入権を復活させ従来の電話回線(アナログ)に戻す

NURO光でんわを開通させる

電話加入権を休止させてNURO光でんわに電話番号を引き継がせる

フレッツ光を解約する

このような流れになります。

フレッツ光でんわから電話加入権を復活させる…光電話を利用すると電話加入権は休止状態となっています。電話番号を引き継がせる為に電話加入権を復活させる必要があります。そして、電話加入権を復活させるということは電話回線をアナログに戻すことを意味します。
現在、光電話ではなく、アナログで電話を利用している場合、電話加入権の復活は不要です。

NURO光でんわを開通させる…NURO光でんわはNURO光のインターネットが開通してから7~10日後に開通します。

NURO光でんわへ電話番号を引き継がせる…電話加入権を休止させて電話番号を引き継がせる作業となりますが、この作業はSo-netが代行してくれます。NURO光の申し込み時にMNP(ナンバーポータビリティー)を申し込む旨をお伝えすれば大丈夫です。

フレッツ光を解約する…ここが最も重要なポイントです。NURO光でんわに電話番号を引き継がせる前にフレッツ光を解約すると、光電話も解約されるので電話番号が無くなります。これは、フレッツ光だけでなく、auひかり等、他のインターネットでも同じです。MNP(ナンバーポータビリティー)に申し込む時は、必ず電話番号を引き継がせてから解約をお願いします。

加入電話ライトプランでも電話番号は引き継ぐ?

NURO光でんわは、加入電話ライトプランを利用されていても電話番号を引き継ぐことができます。

NURO光の申し込み時に、加入電話ライトプランから電話番号を引き継がせたい旨を伝えてください。そうすると、So-netが代行して加入電話ライトプランからNURO光でんわへ電話番号の引継ぎを行います。

ただし、電話番号の引継ぎを行うと加入電話ライトプランは解約となります。NURO光を解約して別のインターネットに申し込んだ時は電話番号の引継ぎはできませんので注意が必要です。

NURO光でんわから他社電話へのMNP

NURO光を解約して他社インターネットに乗り換える時がいつかはやってくるかもしれません。

NURO光を利用中の人は、NURO光でんわを他社電話へ引き継がせる為にMNP(ナンバーポータビリティー)に申し込むことがあるでしょう。

その時の流れも基本的に同じです。

電話加入権の復活他社光電話の開通電話加入権の休止NURO光の解約の流れです。

そして、電話加入ライトプランだった人は電話番号の引継ぎはできませんのでご注意ください。

電話加入権の復活方法

電話加入権の復活は局番なしの「116」に電話することで復活の手続きを行います。

WEB上では復活の手続きを受け付けておらず電話のみとなります。

復活の手続きの際に、休止中に送られてくる利用休止票に記載された休止番号を聞かれます。休止番号がわからなくても手続きはできますが休止番号がわかれば手続きがスムーズにできます。

自分が利用する電話番号に電話加入権があるか、電話加入権が失われていないか等は「116」に電話すれば確認することができます。

電話加入権の復活には工事費がかかります。料金は2,000円~10,000円です。工事費は電話設備環境によって異なります。お客様宅へ訪問しない工事は2,000円で、お客様宅へ訪問する工事は10,000円かかります。

電話加入権の休止方法

電話加入権の休止方法についてご案内します。

電話加入権の休止とはNTTに電話の権利を預けることをいいます。

電話加入権の休止方法はNTTのWEBサイトから申し込む方法とNTTに電話して申し込む方法の2通りがあります。

NTTのWEBサイトから申し込んだ場合、NTTから折り返しの電話があります。電話で手続きをすることで電話加入権の休止が行われます。

電話加入権の休止できる期間は5年間です。5年経つと更新が必要となります。更新をすれば最大10年間休止させることができます。

電話加入権の休止で更新の時期が近づくとNTTから手紙が届きます。その手紙に従って更新を行います。更新を行わなかった場合は電話番号は失われます。

電話加入権の休止には工事費として2,000円かかります。

まとめ

以上、NURO光でんわでのMNP(ナンバーポータビリティー)申し込みの流れについてご案内しました。

MNP(ナンバーポータビリティー)ができるかどうかは電話加入権があるかどうかで決まります。

電話加入権があればMNP(ナンバーポータビリティー)に申し込んで電話番号を引き継ぐことができます。

ただし、例外として市外局番の変更が伴う電話番号の引き継ぎは電話加入権があっても引き継ぎができませんのでご注意ください。

MNP(ナンバーポータビリティー)の流れは以下のような流れです。

電話加入権の復活NURO光でんわの開通電話加入権の休止NURO光に申し込む前のインターネットの解約といった流れです。

ここでのポイントはNURO光に申し込む前のインターネットの解約するタイミングです。必ず、NURO光でんわが開通してから解約するようにしてください

NURO光では、ソフトバンクのスマホを利用するならNURO光でんわに申し込むことで「おうち割光セット」が利用可能です。

「おうち割光セット」はソフトバンクの月額料金を2年間最大2,000円割引くサービスです。ソフトバンクユーザーはこれを使わないともったいないです。

ソフトバンクユーザーはNURO光でんわに申し込む人が多いと思うので、このMNP(ナンバーポータビリティー)の流れを参考にしていただけると幸いです。

トップへ戻る

Top