NURO光キャッシュバックキャンペーンガイド

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護されております。

↓↓その他のメニューへ↓↓

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光は遅い!?超高速の真相とは?

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光超高速の真相とは?

超高速は期待できない?
NURO光の超高速は嘘?

NURO光は下り速度2Gbpsの超高速の速度を売りにしています。ところが、2Gbpsは出ないという声をよく聞きます。正直な話、超高速の値は理論値なので2Gbpsの速度を出すことはできません。超高速の出せる環境や設備が整っていなければ出すことのできない速度なのです。

では、NURO光の速度が遅いかというと決して遅いとは言い切れません。NURO光を申し込んで実際の速度を計算すると下り速度で200~800Mbpsは出ます。この数値を見て

「オイオイ!2Gbpsより遅いじゃないか!!引越し先でNURO光に申し込もうと思ったのに!」

なんて文句を言いたくなるかもしれません。

そう仰らずに一旦深呼吸をして私の話しを聞いてください。

ここで200~800Mbpsについてのお話をしますと、これってとても速いスピードなんです。まずは下の回線速度計算からあなたの回線速度を調べてみてください。

回線速度計算はこちら

速度計算のページを開くと「GO」というボタンがあります。そのボタンを押すと計測が始まります。1分程待つと計測が終了し、「DOWNLOAD」と「UPLOAD」の下に数字が表示されます。この数字があなたが利用する回線の下り速度と上り速度の数値です。

いかがでしょうか?200~800Mbpsの数値と比べて低い数値が表示されていませんか?

もし、200~800Mbpsより低い数値だった人は、NURO光に申し込むと速度を上げられる可能性が充分あります。

引越し先での申し込みでなくても、今現在のインターネット回線が200~800Mbps以下ならNURO光にする価値は大いにあります。

確かに、NURO光で2Gbpsなんて速度を出すことは不可能です。しかし、NURO光によって現在の速度よりも速くすることが可能になるのです。

NURO光のWi-Fi速度は遅い?

超高速の速度は出せないが、現在の速度より速い速度を出すことは可能と前述しました。これは有線で繋いだ場合のお話です。ではWi-Fi(無線)での速度はどうでしょう。

公式では、Wi-Fi接続の場合、450Mbpsの速度が出せると公表しています。実は、この450Mbpsも理論上の数値なので出すことはできません。

では、450Mbpsの速度が遅いのか速いのか、どちらかというとめちゃくちゃ速いです。先程ご案内した回線速度計算のサイトでWi-Fi接続の状態で測定して450Mbps出せた人はほとんどいないでしょう(NURO光利用者除きます)。

ですが、安心してください。Wi-Fiで450Mbpsに近づけることは充分可能です。その方法をご案内しましょう。

無線LANルーターの規格を知ろう

無線LANルーターには規格があり、規格ごとに通信速度が決まっています。以下の表をご覧ください。

Wi-Fi規格:IEEE802.11 b 通信速度:11Mbps
Wi-Fi規格:IEEE802.11 g 通信速度:54Mbps
Wi-Fi規格:IEEE802.11 a 通信速度:54Mbps
Wi-Fi規格:IEEE802.11 n 通信速度:150~450Mbps
Wi-Fi規格:IEEE802.11 ac 通信速度:800~1300Mbps

NURO光に標準装備される無線LANルーター(ONU)は規格nに該当します。この為、450Mbpsが可能となるわけですが、まだこれだけでは不十分です。

親機と子機がセットで始めて機能する

無線でインターネットを利用する為には、親機の他に子機が必要になります。親機というのは、NURO光でいうと標準装備される無線LANルーター(ONU)のことです。親機である無線LANルーターはインターネットに接続する為に電波を送ります。その電波を受信してインターネットに繋げるのが子機です。Wi-Fiで繋ぐ場合は、デスクトップ型のパソコンよりノートパソコンが多いと思います。ほとんどのノートパソコンでは子機が最初から内蔵されるので特に用意する必要はありません。

ただ、子機にも規格があり、子機の規格が親機と同等かそれ以上でないと充分な速度を発揮できないのです。例えば、親機が規格nで450Mbpsの電波を発信しました。子機の規格がgだった場合、54Mbpsまでしか受信できないので結果的に最高速度は54Mbpsとなります。身長2mある人が160キロ近い剛速球を投げた場合、身長150cmの小学生が受け止めるなんて無理ですよね。受け止めるには投げる側に見合った体格が必要です。

結論としてWi-Fiで450Mbpsの速度に近づける方法は親機である無線LANルーターは既に決まっているので子機の規格を同等かそれ以上のものにすることです。

まとめ

以上、NURO光は超高速の速度が出るのか?そして、実際の速さは遅いのか、速いのかをご案内しました。結果的に超高速の2Gbpsは理論値での数値なので出すことはできません。しかし、その速さは充分満足いただけるスピードを提供してくれます。よって、NURO光ならインターネットを快適に利用できるでしょう。

NURO光に申し込んだ私の通信速度を「NURO光を申し込んだ私の通信速度はこのくらいです」で掲載しました。お時間ある時にご覧になってみてください。

これからインターネットに申し込む予定の人は是非NURO光を申し込み候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る

Top