NURO光とフレッツ光の電話比較-お申し込みガイド

NURO光お申し込みガイド

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光TOPへ > NURO光とフレッツ光の電話比較

NURO光とフレッツ光の電話比較

NURO光とフレッツ光、共に電話サービスに申し込むことができます。NURO光は「NURO光でんわ」、フレッツ光は「ひかり電話」という名称でそれぞれ電話サービスを提供します。

どちらもアナログ電話回線より確実にお得に利用できます。(詳しくは「アナログ電話回線からNURO光でんわに申し込むとお得」参照)

しかし、NURO光でんわとひかり電話を比較したらどちらがお得になるのでしょう。当ページではNURO光でんわとひかり電話を比較し、どちらがお得になるのか調べてみました。

NURO光でんわの申し込みを検討されるなら参考にしてみてください。

NURO光とフレッツ光の電話基本料金で比較

NURO光でんわとひかり電話の基本料金比較表を下記に記載しました。

NURO光でんわ ひかり電話
500円 500円

NURO光とひかり電話、どちらも基本料金は同じでした。基本料金だけではどちらがお得なのか決着がつかないのでインターネット料金に加えてみました。

NURO光でんわ(戸建て・集合住宅)

4,743円(ネット月額料金) + 500円(電話月額料金) = 5,243円

ひかり電話(戸建て)

6,300円(ネット月額料金) + 500円(電話月額料金) = 6,800円

ひかり電話(集合住宅)

4,700円(ネット月額料金) + 500円(電話月額料金) = 5,200円

インターネット料金と電話料金を合わせた結果、戸建てではNURO光がお得でした。

集合住宅ではほんのわずかにフレッツ光がお得でした。しかし、NURO光がWi-Fi(無線LAN)とセキュリティソフトを無料で利用できることを考えると集合住宅でもNURO光がお得です。

以上、NURO光でんわとひかり電話の基本料金を比較した結果、NURO光でんわがお得となります。

NURO光とフレッツ光の通話料で比較

NURO光でんわとひかり電話の通話料について比較します。下記に通話料の比較表を掲載しますのでご確認ください。

- NURO光でんわ ひかり電話
国内一般・IP電話 7.99円 / 3分 8円 / 3分
携帯電話への通話 25円 / 1分 16円 / 1分

通話料金の比較では国内一般・IP電話、わかりやすくいうと固定電話から固定電話へかけた場合、NURO光でんわが安くなります。しかし、携帯電話へかけた場合はNURO光でんわの通話料が高くなります。

そこで私は考えました。NURO光でんわから携帯電話へかける必要があるのかと…。

今や国民の2人に1人が携帯電話を所有する時代です。わざわざ通話料を高くしてまでNURO光でんわから携帯電話へ電話しなくても良いのではないでしょうか

携帯電話から携帯電話へ電話すればもっと通話料を抑えることができます。なので確かにNURO光でんわは携帯電話への通話料が高いですが、携帯電話からかけるようにすれば何の問題もありません。

さらに、NURO光でんわには「ホワイトコール24」というサービスがあります。ホワイトコール24はNURO光でんわからソフトバンク携帯へ電話すると通話料が無料になるサービスです。しかも、ホワイトコール24は無料で申し込めるので加入しておいて損はありません。

一方、フレッツ光のひかり電話はこのような携帯電話への無料サービスがありません。

以上のようにNURO光でんわは固定電話へかけるとひかり電話よりお得であること、そしてソフトバンク携帯へ無料で電話できることからNURO光でんわがお得となります。

まとめ:NURO光とフレッツ光、電話がお得なのはどっち?

以上、基本料金と通話料金を比較した結果、NURO光でんわがお得だとわかりました。

基本料金はNURO光でんわとひかり電話、共に500円ですがインターネット料金と合わせるとNURO光でんわがお得です。

また、通話料は固定電話へかけた場合、NURO光でんわがひかり電話より安いものの、携帯電話へかけるとNURO光でんわが高くなります。

これは、一見するとNURO光でんわのデメリットのように感じますが、NURO光でんわからソフトバンク携帯へ電話すると無料になることを考えればメリットに変わります。

これらの理由からひかり電話よりNURO光でんわがお得なのです。

フレッツ光のひかり電話からNURO光でんわへの申し込みをお考えならこの記事を参考にしていただけると幸いです。

トップへ戻る

top