NURO光キャッシュバックキャンペーンガイド

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護されております。

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光とフレッツ光料金比較

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光とフレッツ光の料金の安さを検証

NURO光はフレッツ光より安い
NURO光はフレッツ光より安い

フレッツ光とNURO光どちらの料金が安いでしょう。いきなり結論から申し上げます。

NURO光はフレッツ光より安い!これが結論です。

ではどのくらい安いのか気になりますね。1円や2円の差なら知名度の高いフレッツ光を申し込む人が多いかもしれません。

それが1000円、2,000円の差なら年間で1万円以上も安くなりますからNURO光に申し込む方が断然お得です。

そこで、NURO光とフレッツ光について料金を比較しました。個人的には料金を安くして回線速度を速くするならNURO光、料金が多少高くても知名度を優先するならフレッツ光へのお申し込みが良いと思います。

NURO光 VS フレッツ光 料金比較

NURO光とフレッツ光の料金を比較してみます。わかりやすく24ヵ月利用した場合で比較を行いました。

※金額は全て税抜です。

料金比較 NURO光 フレッツ光
ファミリー
フレッツ光
マンション
(プラン1)
開通月(初月) 7,743円 9,600円 8,100円
2ヵ月目 6,077円 6,300円 4,700円
3~24ヵ月目 4,743円 6,300円 4,700円
支払い総額 118,166円 154,500円 116,200円

ご覧いただいていかがでしょう。開通してから24ヵ月間の支払い総額を比較した結果、NURO光はフレッツ光ファミリーより圧倒的に安いです。また、フレッツ光マンションとほとんど金額に差はありません。

NURO光と比較するとフレッツ光マンションタイプでは約2,000円NURO光の料金が高く、フレッツ光ファミリータイプでは約36,000円もNURO光が安くなります。

NURO光が安くなる理由として、工事費がキャンペーンにより実質無料になる点が非常に大きいです。

さらに、NURO光は無線LANルーターやウィルスソフトが標準装備されています。これら料金は、月額料金に含まれるので料金が増加することはありません。

しかし、フレッツ光で無線LANルーターやウィルスソフトを用意するなら料金はもっと増えることになります。フレッツ光マンションタイプは、NURO光より安い結果となりましたが、もし無線LANルーターやウィルスソフトを用意するなら月額料金はNURO光の方が安くなります。このことからも、NURO光はフレッツ光より絶対お得なサービスなのです。

さて、上記の表だけではまだNURO光の安さが信じられないという方の為に上記の表の計算方法をご紹介します。

NURO光の計算方法

まず、抑えておきたいことは以下の点です。

  • 月額4,743円(回線+プロバイダ込み)。
  • 初期工事費は分割で1,334円×30ヵ月支払い。
  • 初期工事費はキャンペーンにより月額料金から毎月1,334円割引されるので実質無料。
  • 契約事務手数料は3,000円。最初の支払月に請求される。

上記を踏まえた上で計算すると

【1ヵ月目】
4,743円(月額)+3,000円(契約事務手数料)=7,743円

【2ヵ月目】
4,743円(月額)+1,334円(工事費)=6,077円

【3~24ヵ月目】
4,743円(月額)+1,334円(工事費)- 1,334円=4,743円

※月額基本料金30ヵ月割引は3ヵ月目から開始されます。

【初月~24ヵ月目までの支払い総額】
7,743円+6,077円+(4,743円×22ヵ月)=118,166円

フレッツ光マンションタイプの計算方法

続いてはマンションタイプについての計算方法について説明します。

抑えておきたいことは以下の点です。

  • 料金タイプは最も申し込みの多い「フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ・プラン1」で計算。
  • プロバイダはYahooの場合として計算。
  • 契約事務手数料800円を初月に支払う。
  • 初期工事費は、初月3,000円、2ヵ月目以降は400円×30ヵ月の分割払い。

上記の点を踏まえた上で計算すると

【初月】
3,350円(回線料)+950円(プロバイダ料)+3,000円(工事費)+800円(事務手数料)=8,100円

【2~24ヵ月目】
3,350円(回線料)+950円(プロバイダ料)+400円(工事費)=4,700円

【初月~24ヵ月目までの支払い総額】
8,100円+(4,700円×23ヵ月)=116,200円

フレッツ光ファミリータイプの計算方法

続いてはファミリータイプについての計算方法について説明します。

抑えておきたいことは以下の点です。

  • 料金タイプは最も申し込みの多い「フレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプ」で計算。
  • プロバイダはYahooの場合として計算。
  • 契約事務手数料800円を初月に支払う。
  • 初期工事費は、初月3,000円、2ヵ月目以降は500円×30ヵ月の分割払い。

上記の点を踏まえた上で計算すると

【初月】
4,600円(回線料)+1,200円(プロバイダ料)+3,000円(工事費)+800円(事務手数料)=9,600円

【2~24ヵ月目】
4,600円(回線料)+1,200円(プロバイダ料)+500円(工事費)=6,300円

【初月~24ヵ月目までの支払い総額】
9,600円+(6,300円×23ヵ月)=154,500円

まとめ

以上、NURO光とフレッツ光の料金を比較しました。

結果、NURO光は、フレッツ光ファミリータイプよりお得に利用できます。

また、NURO光は、フレッツ光マンションタイプより月額料金は若干高くなりますが、無線LANルーターやウィルスソフトのことを考えればフレッツ光マンションタイプよりお得です

特に、ファミリータイプでは約36,000円も料金に差がありますのでファミリータイプの人はまず損をすることはありません。

NURO光の安さはやはりキャンペーンの存在が非常に大きいです。キャンペーンはいつ終了するかわかりません。是非NURO光の申し込みをご検討ください。

トップへ戻る

Top