NURO光戸建ての初期工事って何をするの?-お申し込みガイド

NURO光お申し込みガイド

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

NURO光TOPへ > NURO光戸建ての初期工事って何をするの?

NURO光戸建ての初期工事って何をするの?

引越した新居にNURO光を導入する人も、引越しではなく今住んでいる戸建てにNURO光を導入する人もNURO光を利用するなら初期工事が必要です。

初期工事って一体何をするのでしょうか?

工事って言うくらいなので大きな重機を持ってくるのでしょうか?

近隣の人に迷惑がかかるくらい大きな音が出るのでしょうか?

このように何もわからなければ不安になりますよね。また、戸建ての家に見知らぬ人(工事担当者)が入ってきて、何をするかわからない。だから人を家に入れるのに抵抗がある人もいるかもしれません。

そんな不安を解消する為にNURO光戸建ての初期工事はどんなことをするのかご紹介します。

NURO光の初期工事をスムーズに進める為に

初期工事の詳細をお伝えする前に初期工事をスムーズに進める方法をご紹介します。それは、以下の内容を事前に決めておくことです。

  • どの部屋でインターネットを利用するのか
  • どの部屋に光ケーブルを引き込むのか

どの部屋でインターネットを利用するのか…これは、有線をメインに利用する場合にとても重要になります。有線の場合、ONUとパソコンをLANケーブルで繋いでインターネットを利用します。その為、できるだけONUとパソコンは近い方がLANケーブルが短いもので対応可能です。配線もゴチャゴチャにならずに済みます。

無線メインでインターネットを利用するのであればONUとパソコンがあまりにも離れすぎると通信速度に多少の影響が出るかもしれません。ただ、それは一般的に豪邸と言われるとても広い戸建ての場合です。一般家庭の戸建てなら気にしなくても大丈夫です。

どの部屋に光ケーブルを引き込むのか…光ケーブルを引き込み希望の部屋によっては穴を開けなければならない場合があります。解約後に穴埋め作業をしてくれるとは言っても、できるだけ穴を開けたくはないですよね。特に新築の場合は尚更だと思います。光ケーブルはエアコンのある部屋や電話線のある部屋等、できるだけ穴を開ける必要のない部屋を選びましょう。

以上のように事前にどこでインターネットを利用するかを決めておくと工事担当者も提案しやすいですし、穴を開ける可能性も低くなると思います。特に、新築の場合は設計段階で決めておくと建設業者が光ケーブルを引くことを想定して家を建ててくれます。事細かに決める必要はありませんが大体の場所を決めておくといいかもしれません。

NURO光の初期工事は2回行う

NURO光開通工事の流れ

NURO光の初期工事は宅外宅内の2回行います。NURO光公式サイトでは最初に宅内工事を行い、次に宅外工事を行うと記載されています。

しかし、私がNURO光の初期工事をした時は、先に宅外工事を行い、次に宅内工事を行なったのでどちらが先でも問題ないと思われます。

フレッツ光やauひかり等のインターネット回線では工事の回数は1回です。では何故NURO光は2回工事を行うのでしょうか?

それは、工事をする業者が異なるからです。宅外工事はNTTが行い、宅内工事はSo-netが行います。以上の理由からNURO光は工事を2回行う必要があるのです。

2回の工事は立ち会いが必要になるので2日間予定を空けなければなりません。不便に感じるかもしれませんが、ここは何とか耐えてください。NURO光の利用を開始すれば工事のことなんて忘れるほど快適なインターネットライフが待っています。その日を夢見て工事を見守りましょう。

それでは、宅外工事と宅内工事ではどんなことをするのか具体的に見ていきましょう。

NURO光の宅外工事は何をするの?

宅外工事はNTTが行います。

作業の流れとしては、最初にどのような工事をするのか説明を受けます。それから作業を開始し、作業が終了したら実際に何をしたのか目視確認して終了という流れです。作業時間は約30分~1時間程度です。

作業内容は「NURO光を導入する自宅から最も近い電柱を利用して自宅まで光ケーブルを引き込む」→「引き込んだ光ケーブルをSo-netが設置する光キャビネットへ接続する。」といった内容です。

宅内工事を先に行った際、So-netが設置した光キャビネットが2階に設置された場合は、自宅のベランダ・庇・屋根等に上がることがあります。

NURO光の宅内工事は何をするの?

宅内工事はSo-netが行います。

作業の流れは宅外工事とほぼ一緒で、最初にどのような工事をするのか説明を受けます。それから作業を開始し、作業が終了したら実際に何をしたのか目視確認して終了という流れです。作業時間は標準で約30分~1時間程度です。しかし、壁に穴を空ける場合は1時間以上かかることもあるようです。

作業内容は「光キャビネットの取り付け」→「光ケーブルの引き込み」」→「光コンセントの取り付け」→「光コードの配線とONUの設置」といった内容です。

宅内の作業内容については穴を空ける可能性があり、大事なところなのでさらに踏み込んだ内容をご案内します。

光キャビネットの取り付け

戸建ての外壁にビス留めを行い光キャビネットを設置します。雨等で濡れても問題ないように防水処理を施します。

光キャビネットを設置する際に取り付け場所の候補を担当者からあげられると思います。もし、取り付け場所が都合の悪い場合は他の場所はどうなのか担当者と相談しましょう。

※光キャビネットを2階以上の外壁に取り付ける際はベランダ・庇・屋根等に上がることがあります。

※ビス留めは3ヵ所行い、ビス留め時の穴の大きさは4mm程です。

※解約後、撤去工事をした場合、ビス留めした穴は穴埋め処理をします。

光キャネットの取り付け

光ケーブルの引き込み

戸建ての外壁に設置した光キャビネットから宅内へ光ケーブル引き込む作業をします。引き込み方法は3通りあります。

  1. エアコンダクトを利用する方法
  2. 電話線等、既存配管を利用する方法
  3. 新しく穴を開けて引き込む方法
光ケーブル引き込み方法

※光ケーブルを引き込む際は最適な方法を工事担当者が提案してくれます。

※解約後に、撤去工事を実施する際は穴の空いた箇所を穴埋めしてくれます。

光ケーブルを引き込む際は工事担当者が最適な方法を提案してくれますが、できるだけ壁に穴を空けることは避けたいですよね。穴あけを防ぐためにこちらでも事前にNURO光をどの部屋で使うか等決めておくと工事がスムーズに進みます。

外壁への光ケーブル固定例

光コンセントの取り付け

光ケーブルを宅内に引き込みましたら光コンセントを取り付けます。光コンセントには2種類あります。

  1. 光アウトレット
  2. 光ローゼット

これら光コンセントの違いは以下をご覧ください。

光コンセントの種類

光コードの配線とONUの設置

光コンセントとONU(インターネットに繋ぐための装置)を光コードで繋ぎ、インターネットの利用できる環境に整えます。

光コードは2m・3m・5m・10mまで用意してくれてますので光コンセントからONUまで多少離れていても設置が可能です。

光コンセントとONUの設置

まとめ:NURO光戸建ての初期工事って何をするの?

以上、NURO光を戸建てで利用する場合の初期工事についてご案内しました。

工事自体は業者がやってくれるのでこちらでは特に用意するものはありません。

しかし、利用する場所によって穴を開けなくてはいけなかったり、こちらの意に反することが出てくるかもしれません。そうならない為に事前にインターネットをどの部屋で利用するのか、どの部屋に光ケーブルを引き込むのか等決めておくことをオススメします。

トップへ戻る

top