NURO光キャッシュバックキャンペーンガイド

↓↓その他のメニューへ↓↓

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光と他社光回線比較記事一覧
  3. auひかりからNURO光へ乗り換え時の注意点と対処法

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

auひかりからNURO光へ乗り換え時の注意点と対処法

公開日:2018年2月1日

auひかりからNURO光へ乗り換え時の注意点と対処法
auひかりからNURO光へ乗り換え時の注意点と対処法

あなたはauひかりからNURO光への乗り換えに悩んでいませんか?

最近、NURO光はCMの効果やエリアが徐々に拡大されていることもあり、NURO光へ乗り換える人が多くなっています。

しかし、auひかりからNURO光への乗り換えで「違約金はいくらかかるのか」「電話番号は変更になるのか」などの不安や疑問の声をよく聞きます。

そこでauひかりからNURO光へ乗り換える際の注意点と、その対処法を表にまとめました。

乗り換えの注意点 対処法
auひかりの違約金 auひかりの更新月に解約する
auひかり工事費の残り 工事費割引が終了したら解約する
プロバイダ専用メールアドレス利用不可 フリーメールを利用する
ひかり電話の引き継ぎ MNP(ナンバーポータビリティー)を利用する
auひかり回線撤去工事費 NURO光公式のキャッシュバックを利用する
auスマートバリュー利用不可 気にせず利用する、もしくはソフトバンクスマホに乗り換える

auひかりからNURO光へ乗り換える際の注意点は、以上のような対策をすることで問題なく乗り換えることができます。

NURO光からauひかりに乗り換えられる店舗はいくつかあります。

NURO光店舗の中で、特にオススメはソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光公式です。

NURO光の申し込みにオススメの店舗、NURO光公式の詳細は以下をご覧ください。

NURO光公式

NURO光の申し込みは公式がオススメ
NURO光公式ならWEBサイトから必要情報を入力するだけの簡単な手続きでキャッシュバック45,000円が受け取れます。

NURO光公式の詳細へ

それでは「auひかりからNURO光へ乗り換え時の注意点と対処法」を具体的に見ていきましょう。

auひかりの違約金を減らす方法

auひかりの違約金を減らす方法でベストなのはauひかりの「更新月」に解約することです。

auひかりの違約金はホームタイプ(ずっとギガ得プラン)で15,000円です。
マンションタイプ(お得プランA)は違約金7,000円です。

auひかりを「更新月」に解約すれば、違約金を支払わずにNURO光に乗り換えられます。

auひかりの「更新月」がいつなのかわからないあなたに更新月について説明します。

auひかりホームタイプ(ずっとギガ得プラン)の更新月

auひかりホームタイプ(ずっとギガ得プラン)は3年ごとの更新です。

更新月は利用開始月を1ヵ月目として37ヵ月目と38ヵ月目が更新月となり違約金が発生しません

その後は再び3年後の73ヵ月目と74ヵ月目が更新月です。

auひかりの違約金更新月
auひかりの違約金更新月

auひかりマンションタイプ(お得プランA)の更新月

auひかりマンションタイプ(お得プランA)は、2年単位で自動更新となります。

auひかりマンションタイプ(お得プランA)の更新月は利用開始月を1ヵ月目として25ヵ月目と26ヵ月目です。

そのままauひかりマンションタイプ(お得プランA)を継続して利用すると、49ヵ月目と50ヵ月目が更新月です。

これら更新月にauひかりを解約すれば違約金は発生しません。


auひかりホームもマンションも、更新月にauひかりを解約するのがベストです。

しかし、どうしても違約金のかかる月にauひかりを解約しなければならない場合もあるでしょう。

そのような場合は、NURO光の申し込み時に貰えるキャッシュバックを利用します。

NURO光公式のキャッシュバックは45,000円です。

このキャッシュバックをauひかりの違約金に充てれば、充分カバーできます。

auひかりの工事費の残りを減らす方法

auひかりの工事費はauひかり回線とひかり電話をセットで申し込むことで工事費を無料にできます。

ホームタイプ工事費 37,500円(625円×60ヵ月割引)
マンションタイプ工事費 30,000円(1,250円×24ヵ月割引)

上の表のようにauひかり回線とひかり電話をセットで申し込むことで工事費が割引されます。

しかし、途中でauひかりを解約すると工事費の残りを支払わなければいけません。

例えば、auひかりホームを20ヵ月間利用して解約した場合、残りの40ヵ月分の工事費を一括で支払います。

工事費を支払い終わってからNURO光に乗り換えればいいのですが、そうもいかない場合があるでしょう。

そんな時に工事費を減らす方法を紹介します。

それは、NURO光公式のキャッシュバックを利用する方法です。

NURO光公式のキャッシュバックは45,000円です。

このNURO光公式のキャッシュバックをauひかり工事費の残りに充てればカバーすることができます。

プロバイダ専用メールが使えなくなった時の対処法

NURO光のプロバイダはSo-netです。

auひかりのプロバイダがSo-net以外だとNURO光に乗り換えることでプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。(auひかりのプロバイダがSo-netならNURO光に乗り換えてもそのまま利用できます。)

プロバイダのメールが使えなくなった場合、メールアドレスが変更になる旨を友人に伝えたり、メールアドレスを登録したサイトで再登録を行ったりと後々面倒なことになります。

そこでプロバイダ変更に伴いメールアドレスが使えなくなることを想定してフリーメールの利用をオススメします。

フリーメールは「Gmail」や「ヤフーメール」などがあります。
フリーメールをメインのメールアドレスにすればプロバイダが変わっても影響を受けないので楽です。

ひかり電話番号引き継ぎの方法

ひかり電話(auひかり電話)を利用している場合は、NURO光電話に乗り換えても同じ電話番号で使えるのか気になります。

auひかりからNURO光へ乗り換えても同じ電話番号で使う方法はMNP(ナンバーポータビリティー)を利用することです。

まず、auひかり電話で利用中の電話番号は電話加入権があるかの確認をします。電話加入権があるかわからない場合は、NTTに連絡すると教えてくれます。

もし、電話加入権のない電話番号だった場合、NURO光電話に申し込んでも電話番号を引き継ぐことができません。

一方、電話加入権のある電話番号はMNP(ナンバーポータビリティー)の手続きをすることでNURO光に申し込んでも電話番号をそのまま利用することができます。

電話番号の引き継ぎの具体的な方法は下記で詳しくご案内しております。そちらも合わせてご確認ください。

auひかり回線撤去工事費の対処法

auひかりは解約した時に、光ファイバーケーブルと光コンセントを撤去する工事が必ず発生します。

「違約金は更新月に解約」、「工事費の残りは割引が終了してから解約」
こうすることで違約金や工事費の残りの請求を逃れることができます。

しかし、auひかりの撤去工事費は逃れる術がありません。

auひかりの撤去工事費は28,800円です。

とんでもなく高い金額です。

この撤去工事費こそNURO光のキャッシュバックでカバーしましょう。

違約金と工事費の残りと撤去工事費を全てNURO光公式のキャッシュバックでカバーするのは不可能です。

NURO光への乗り換えでベストなタイミングは工事費の割引が終わった後、更新月で解約することです。

そうすれば、工事費の残りと違約金は0円となるので、撤去工事費だけの支払いです。

そして、撤去工事費28,800円をNURO光公式のキャッシュバック45,000円でカバーすれば一件落着です。

auスマートバリューが使えない場合の対処法

NURO光に乗り換えるとauひかりとスマホのセットで安くなる「auスマートバリュー」が利用できなくなります。

auひかりからNURO光へ乗り換えた場合、auスマートバリューに対する明確な対処法はありません。

NURO光に乗り換えたら、そのままauスマホを使い続けるのが1番無難な方法です。

ただ、NURO光はソフトバンクスマホが安くなる「おうち割光セット」が使えます。
おもいきってauスマホからソフトバンクスマホへ乗り換えるとよりお得にNURO光を利用できます。

まとめ

以上、auひかりからNURO光へ乗り換える際の注意点と対処法をご案内しました。

繰り返しになりますが、auひかりからNURO光へ乗り換えるならNURO光公式がお得です。

NURO光の申し込みにオススメの店舗、NURO光公式の詳細は以下をご覧ください。

NURO光公式

NURO光の申し込みは公式がオススメ
NURO光公式ならWEBサイトから必要情報を入力するだけの簡単な手続きでキャッシュバック45,000円が受け取れます。

NURO光公式の詳細へ

また、auひかりの申し込みにオススメの店舗はauひかり×So-netです。
下記からauひかり×So-netへアクセスできます。
お時間ある時に、お手数おかけしますがご確認ください。

auひかり×So-net
auひかり×So-net

auひかり×So-netを確認する

トップへ戻る

Top