NURO光お申し込みガイド

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護されております。

  1. NURO光TOPへ
  2. NURO光とドコモ光どちらがお得?

税抜きでの表示です。このサイトは全て税抜きでの表示です。

申し込みはNURO光とドコモ光どちらがお得?

「ドコモのスマホを利用中のドコモユーザーならドコモ光に申し込むとスマホの料金が割引されてお得になります。」なんて言葉はドコモのCMでもドコモショップでもよく耳にします。

当然、ドコモが提供するサービスなのに「お得になりません。」なんて言ったら申し込む人がいなくなりますのでドコモはそんなこと言いませんよね。

ただ、私はドコモユーザーでもドコモユーザーでなくてもNURO光がお得だと考えています

そこでNURO光がお得な理由をお伝えする為に「ドコモのスマホでない人はドコモ光に申し込むとNURO光よりお得になるのかどうか」、「ドコモのスマホを利用する人がドコモ光に申し込んだ場合、NURO光よりお得になるのかどうか」、以上の2点を中心にNURO光とドコモ光を比較検証していきます。

※ちなみにドコモ光はドコモユーザーでなくても申し込むことができます。

ドコモ光の月額料金のご案内

NURO光とドコモ光の月額料金を比較する前に、まずはドコモ光の月額料金が少々複雑な為ドコモ光の料金についてご案内します。

ドコモ光には3種類の料金タイプがあります。

タイプA 戸建て 5,200円
集合住宅 4,000円
タイプB 戸建て 5,400円
集合住宅 4,200円
単独タイプ 戸建て 5,000円
集合住宅 3,800円

タイプA…18種類のプロバイダから選べる料金プランです。料金はプロバイダ込みの料金です。
対象のプロバイダは、ドコモネット / plala / So-net / Biglobe / DTI / excite / エディオンネット / SYNAPSE / 楽天ブロードバンド / 01光コアラ / ANDLINE / ネスク / hi-ho / とくとくBB / Ic-net / Tigers-net.com / TikiTiki / U-Pa!から選ぶことができます。
So-netとBiglobeが会員数が多く人気があります。

タイプB…7種類のプロバイダから選べる料金プランです。料金はプロバイダ込みの料金です。
対象のプロバイダはAsahiNet / @nifty / @TCOM / TNC / OCN / wakwak / ちゃんぷるねっとから選ぶことができます。
この中ではOCNが人気があります。

単独タイプ…単独タイプは「タイプA」「タイプB」以外のプロバイダ希望の人用のプランです。料金はインターネット回線のみの料金なのでプロバイダ料金が別途必要です。その為、インターネット回線とプロバイダ料金を合わせると「タイプA」「タイプB」より料金が高くなります。

上記で取り上げた3種類の料金タイプの料金はネットのみの料金です。この料金以外にも「ネット+ドコモ光電話」の料金や「ネット+ドコモ光テレビ」の料金等、細分化されますがわかりやすくネットのみの料金で比較します

また、プロバイダ込みの料金で比較的申込者の多いタイプAを例に比較します

それから比較するにあたってドコモ光にはスマホとセットでお得な割引があるのでスマホの料金も加えて比較します。スマホ料金の平均は6,000円~7,000円なので多く見積もって7,000円で比較します。

以上のことをまとめると

  • タイプAの月額料金で比較
  • スマホの月額料金は7,000円と仮定

この条件でNURO光とドコモ光を比較していきます。

ドコモ光とスマホのセット割

ドコモ光とスマホのセットではどのくらいの割引があるのでしょう。ドコモ光とスマホのセット割についてご案内します。

セット割はパケットパックに対して行われます。

※パケットパックとは、ホームページを見たり動画をダウンロードしたり等のデータ通信容量を規定の容量内であれば定額で楽しめるサービスのことです。

パケットパックは「家族でシェアする場合」と「ひとりで利用する場合」によってプランが分かれます。

家族でシェアする場合【月額料金】
名称 割引後の料金 割引額 通常料金
ウルトラシェアパック100
(100GB)
21,800円 -3,200円 25,000円
ウルトラシェアパック50
(50GB)
13,500円 -2,500円 16,000円
シェアパック15
標準(15GB)
10,700円 -1,800円 12,500円
シェアパック10
(10GB)
8,300円 -1,200円 9,500円
シェアパック5
(5GB)
5,700円 -800円 6,500円
ひとりで利用する場合【月額料金】
名称 割引後の料金 割引額 通常料金
ウルトラデータLLパック
(30GB)
6,900円 -1,100円 8,000円
ウルトラデータLパック
(20GB)
5,100円 -900円 6,000円
データMパック
標準(5GB)
4,200円 -800円 5,000円
データSパック
(2GB)
ドコモ光料金プランから割引 -500円 3,500円
らくらくパック
(200MB)
ドコモ光料金プランから割引 -500円 2,000円

ドコモ光とスマホのセット割では以上のような割引が得られます。

ちなみに、シェアパックはシェアする人数で料金を分割します。例えば、シェアパック15を家族4人で利用するなら月額料金10,700円を分けるので一人あたり2,675円/月となります。また、容量の15GBは(父)2GB、(母)3GB、(息子)6GB、(娘)4GBや(父)1GB、(母)1GB、(息子)1GB、(娘)12GB等自由に使っても問題ないですが、シェアしていることを考えて月に利用するのは一人あたり3.7GBまでにする等、使える容量を決めておくと後々ケンカにならずにすむかもしれません。

なお、「ドコモ光の月額料金のご案内」でご紹介したスマホ料金の平均7,000円は標準プランの「シェアパック15」、もしくは「データMパック」で計算しています。

NURO光とドコモ光月額料金で比較(ドコモ以外編)

まずは、ドコモのスマホを利用しないドコモユーザー以外の人がドコモ光に申し込むとお得なるのかどうか。NURO光とドコモ光の月額料金を比較し検証していきます。

NURO光とドコモ光の月額料金をご覧ください。

NURO光 戸建て 4,743円
集合住宅 4,743円
ドコモ光 戸建て 5,200円
集合住宅 4,000円

基本的な料金は以上となります。この時点で、戸建てではNURO光が安く、集合住宅ではドコモ光が安いです。

さらに、スマホの料金を足したとしてもNURO光とドコモ光の金額の差は変わりません。ドコモユーザー以外の人がドコモ光に申し込んでも特に割引はありませんので、以上が比較結果となります。

つまり、ドコモユーザー以外の人は戸建てであればNURO光がお得で、集合住宅であればドコモ光がお得です。

NURO光とドコモ光月額料金で比較(ドコモユーザー編)

「ドコモのスマホを利用するドコモユーザーがドコモ光に申し込むならお得になるのは当然でしょ!」って思っているかもしれませんね。しかし、実際にNURO光とドコモ光を比較してみないと真相はわかりません。実際に検証してみましょう。

月額料金は、[ドコモ以外編]で記載した表を基に比較します。

戸建ての月額料金比較

戸建ての場合、NURO光は4,743円、ドコモ光は5,200円です。これにスマホ料金7,000円を足すとNURO光は11,743円、ドコモ光は12,200円となります。

これが戸建てでのインターネット+スマホで毎月かかる料金です。

ドコモユーザーはさらにこの金額から割引きされます。例えば、シェアパック15だった場合、1,800円の割引きなので10,400円が月額料金です。また、データMパックなら800円の割引きなので11,400円が月額料金です。

ドコモ光のセット割のおかげでドコモユーザーはシェアパック15で1,343円、データMパックで343円NURO光より安くなります。

尚、ここで記載した金額は標準パックで計算した金額です。標準パックより上のプラン、ウルトラパックでは料金が高い分スマホの月額料金も高くなります。ウルトラパックにした場合、スマホの月額料金は10,000円を越すことになります。その場合はセット割を適用してもNURO光よりドコモ光の方が月額料金は高くなります。ドコモユーザーだからといって必ずしも安くなるわけではないので注意が必要です。

以上のことからスマホの料金が7,000円くらいの戸建ての人ならドコモ光がNURO光より月額料金が安くなります。

集合住宅の月額料金比較

集合住宅の場合、NURO光は4,743円、ドコモ光は4,000円です。これにスマホ料金7,000円を足すとNURO光は11,743円、ドコモ光は11,000円となります。

これが集合住宅でのインターネット+スマホで毎月かかる料金です。

ドコモユーザーはさらにこの金額から割引きされます。例えば、シェアパック15だった場合、1,800円の割引きなので9,200円が月額料金です。また、データMパックなら800円の割引きなので10,200円が月額料金です。

ドコモ光のセット割のおかげでドコモユーザーはシェアパック15で2,543円、データMパックで1,543円NURO光より安くなります。

尚、ここで記載した金額は標準パックで計算した金額です。標準パックより上のプラン、ウルトラパックでは料金が高い分スマホの月額料金も高くなります。ウルトラパックにした場合、スマホの月額料金は10,000円を越すことになります。その場合はセット割を適用してもNURO光より高くなります。ドコモユーザーだからといって必ずしも安くなるわけではないので注意が必要です。

以上のことからスマホの料金が7,000円くらいの集合住宅もドコモ光がNURO光より月額料金が安くなります。

NURO光とドコモ光初期費用で比較

NURO光 契約事務手数料 3,000円
基本工事費 40,000円
ドコモ光 契約事務手数料 3,000円
基本工事費
(戸建て)
18,000円
基本工事費
(集合住宅)
15,000円

上の表から初期費用の比較ではNURO光がドコモ光より高くなります。

しかし、NURO光は「月額基本料金30ヵ月割引キャンペーン」により工事費を実質無料にできます。また、ドコモ光も「ドコモ光新規工事料キャンペーン」により工事費を実質無料にできます。

NURO光もドコモ光もキャンペーンで工事費が無料となるので初期費用の支払いは契約事務手数料のみとなります。

初期費用での比較はどちらも引き分けという結果になりました。

NURO光とドコモ光キャンペーンで比較

- NURO光 ドコモ光
キャッシュバック 30,000円以上 dポイント10,000PT

NURO光は、代理店によってキャッシュバック額が異なりますが30,000円以上は確実に貰うことができます。

一方、ドコモ光はキャッシュバックのかわりにdポイント(ドコモポイント)を貰うことができます。dポイントは機種変更の料金に充てたり、dポイントクラブでの景品と交換するのに利用できます。正直、ドコモのキャンペーンはお得ではありません

何故なら、dポイントはドコモユーザーでないと利用できないからです。ドコモユーザーではない人がドコモ光に申し込んでも受けられるキャンペーンは「ドコモ光新規工事料キャンペーン」しかありません。それにドコモユーザーの人もdポイント10,000PT貰うより現金で30,000円貰った方が嬉しいと思います。

余談ですが、ドコモ光は代理店展開をしていないのでドコモ光を扱う代理店がありません。ドコモ光を申し込めるのはドコモショップかドコモ光の公式ホームページのみとなります。

 

以上、キャンペーンの比較からドコモ光よりNURO光キャンペーンの方がお得です。

まとめ

以上、NURO光とドコモ光を比較しましたが、総合的にみるとドコモユーザーもドコモユーザー以外もNURO光がお得です

まず、ドコモユーザー以外の人ですが、戸建てはNURO光が安く、集合住宅はドコモ光が安い結果となりました。確かに、集合住宅ではNURO光が高いですが、実はNURO光の月額料金には無線LAN機能とウィルス対策ソフトの料金も含まれます。ドコモ光を無線LANで使いたい場合やウィルス対策をする場合は、別途用意する必要があります。
つまり、ドコモ光で無線LANとウィルス対策ソフトを用意するなら月額料金が増えますので、結果NURO光の方が集合住宅でも安くなります。さらに、ドコモ光キャンペーンはドコモユーザーでないと適用できないのでNURO光の方が申し込みやすいといえます。

問題はドコモユーザーですが、戸建ても集合住宅もスマホとのセット割を適用してもそこまで大きな差を感じられませんでした。多くても集合住宅の2,500円程度の差です。戸建てに関してはシェアパックで1,300円程しか差がありません。さらに、無線LAN機能とウィルス対策ソフトを考慮に入れるならNURO光とドコモ光の差は逆転することになります。
つまり、ドコモ光で無線LANとウィルス対策ソフトを別途用意するならNURO光の方が安くなります

それにキャンペーンを考慮に入れた場合、dポイントより現金でキャッシュバック30,000円以上受け取った方が私は良いと思います。

スマホのプランによって月額料金が変わるので一概には言えませんが、スマホの料金が7,000円くらいならNURO光をオススメします。

これからドコモ光を申し込もうとしている人やこの記事を読んでNURO光に興味を持っていただいた人はNURO光の申し込みにお役立ていただければ幸いです。

トップへ戻る

Top